中国・本の情報館~東方書店~
サイト内検索
カートを見る
ログイン ヘルプ お問い合わせ
トップページ 輸入書 国内書 輸入雑誌  
本を探す 検索 ≫詳細検索

出版社共同企画「期間限定 謝恩価格本フェア」



東方書店公式Instagram
東方書店公式Instagram
東方書店公式Twitter
東方書店公式Twitter
神保町店舗のTwitter
神保町店舗のTwitter
神保町店舗のfacebook
神保町店舗のfacebook
Knowledge Worker
個人向け電子書籍販売
BOOK TOWN じんぼう
神保町の書店在庫を横断検索
日本ビジネス中国語学会
 
   営業案内  
     

東京店・定休日のお知らせ

拝啓 時下ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。平素は当店をご利用頂き誠にありがとうございます。
東京店は、これまで年末年始のみを休業としてまいりましたが、2020年4月より日曜日を定休日とさせていただくことになりました。
ご利用の皆様には大変ご不便、ご迷惑をおかけすることとなりますが、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

2020年2月4日

ごあいさつ

東方書店はおよそ50年来、本の街神保町に店を構えております。数多くの古本屋さんや書店以外にも楽しいお店が軒を並べています。ぜひ、散歩がてらに本の街神保町へお越しください。
当サイト【中国・本の情報館】では、ご注文の際に、「店頭受け取り」を選択されますと、ご注文の本を神保町の東京店で受け取ることができます。あわせてご利用ください。

営業日のご案内

5/30 31 6/1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

[営業時間]

 月~土 12:00~18:00

祝日

12:00~18:00
  休業日
 

アクセスMAP

大きな地図で見る

アクセス:
地下鉄「神保町駅」A7出口より徒歩1分
JR「御茶ノ水駅」御茶ノ水橋口より徒歩10分

お問合せ

〒101-0051
東京都千代田区神田神保町1-3
TEL:03-3294-1001
FAX:03-3294-1003
shop@toho-shoten.co.jp

   
  ▲このページのトップへ
 
     
   SNS From 神保町 東京店から毎日新鮮な情報を発信中!フォローよろしくお願いします。
     
9900009207 
 
 
 twitter_logo
   
  ▲このページのトップへ
 
   東京店ベスト10 5月の東京店売り上げ1~3位の輸入書・国内書を表示
[ 輸 入 書 ]   [ 国 内 書 ]

蓝溪镇 2

蓝溪镇 2

木头 编 孙呱 绘
江苏凤凰文艺出版社
2021年04月

466622 272p
ISBN:9787559454539

価格 3,696円

「藍渓鎮」は羅小黒戦記の番外編。描かれているのは、羅小黒戦記よりさらに昔、およそ400年前、戦争時代の老君、玄離、清凝の物語。

2巻の収録内容:
2巻には連載第28話から第54話までを収録

 
デジタル時代の中国学リファレンスマニュアル

デジタル時代の中国学リファレンスマニュアル

漢字文献情報処理研究会 千田大介,小島浩之 編文学通信
2021年03月

572p 
ISBN:9784872202274
 
価格 4,950円

 
     
秋刀魚 31 吉卜力的世界·世界的吉卜力

秋刀魚 31 吉卜力的世界·世界的吉卜力

陳頤華 總編
黑潮文化股份有限公司
2021年04月

467453 103p

価格 2,475円

目次:
◎特輯
吉卜力世界觀
018 吉卜力動畫製作的初心與秘密
020 吉卜力工作室的色彩管理魔法
026 美術指導 花谷秀文.動畫製作人 王尉修.歌手 二階堂和美

 
三体Ⅲ 死神永生 上・下

三体Ⅲ 死神永生 上・下

劉慈欣/大森望,ワンチャイ,光吉さくら,泊功 訳
早川書房
2021年05月

上:432p ISBN/ISSN 9784152100207 
下:448p    ISBN/ISSN 9784152100214

価格 上:2,090円
   下:2,090円 

SFの歴史を変えた驚天動地の三部作、ついに完結!

三体文明の地球侵略に対抗する「面壁計画」の裏で、若き女性エンジニア程心(チェン・シン)が発案した極秘の「階梯計画」が進行していた。目的は三体艦隊に人類のスパイを送り込むこと。程心の決断が人類の命運を揺るがす。シリーズ34万部以上を売り上げた衝撃の三部作完結!(上巻)

     
文城

文城

余华
北京十月文艺出版社
2021年23月

466037 348p
ISBN:9787530221099

価格 3,894円

中国の人気作家・余華が、前作『第七天』(邦訳『死者たちの七日間』)の完結から約8年の歳月を経て上梓した待望の長編小説。時代は軍閥、匪賊が跋扈する動乱の清末民初。北方の富農の家に生まれた林祥福は、南方から来た謎の女性”小美”との間に娘をもうけるが、小美はすぐに行方をくらましてしまう。林祥福は小美を探すため乳飲み子を懐に抱いて南方へ向かい、自然豊かな溪镇にたどりつく。彼らにつながる複数の人々の起伏に満ちた人生を異なる視点から描く。民間説話風の文体にマジックリアリズム的要素を取り入れた余華独特の叙述は、繊細さと壮大さ、軽やかさと鋭さが絶妙なバランスで融合している。余華ならではのブラックユーモアを散りばめ、不条理であると同時に哀愁漂う運命の叙事詩を紡ぐ。
 
中国の歴史11 巨龍の胎動 毛沢東vs.鄧小平/講談社学術文庫

中国の歴史11 巨龍の胎動 毛沢東vs.鄧小平/講談社学術文庫

天児慧
講談社
2021年05月

512p 
ISBN:9784065230954
 
価格 1,980円

「中国の歴史・全12巻」の学術文庫版。
第11巻は、様々な試練を乗り越え中華人民共和国を成立させた建国の父・毛沢東と、経済大国への改革開放路線を敷いた鄧小平の二人を軸に激動の中国現代史を辿る。
1921年の中国共産党結成に参加した毛は、非主流を歩み十数年後の長征中に漸く主導権を掌握する。抗日戦争後は国民党の蒋介石に挑戦、文化大革命では紅衛兵を動員し政敵・劉少奇を追放した。継続革命論者でその政治手法は敵を見据えてからどう打倒するか戦略を練る「軍事芸術」とも言われる。
一方、毛の忠実な部下だった鄧は、黒い猫でも白い猫でも鼠を捕る猫は良いとした「黒猫白猫論」を説いたリアリスト。文革と不倒翁・周恩来の逝去後に二度も失脚したがいずれも復活。毛沢東夫人の江青ら文革「四人組」逮捕後の再復活後は改革開放路線に邁進して経済大国の道を切り拓く。変わりゆく状況を的確に判断し次々と最適の選択をする「政治芸術」の人とも評される。この対照的な二人の生涯を縦糸にして清朝末期から中華民国成立、日本の侵略、国共内戦、1949年の中華人民共和国建国宣言を経て朝鮮戦争、中ソ対立、プロレタリア文化大革命などの激動を丹念に描いた渾身の力作。文庫化にあたり、習近平時代を加筆。

     
shop_bot 輸入書ベスト10をすべて表示する。   shop_bot 国内書ベスト10をすべて表示する。
   
  ▲このページのトップへ
中国・本の情報館~東方書店 東方書店トップページへ
会社案内 - ご注文の方法 - ユーザ規約 - 個人情報について - 著作権について