中国・本の情報館~東方書店~
サイト内検索
カートを見る
ログイン ヘルプ お問い合わせ
トップページ 輸入書 国内書 輸入雑誌  
本を探す 検索 ≫詳細検索


過去のフェア
中国武術関連書籍フェア
春の中国語テキストフェア
中国書画関連書籍
仏教関係中国図書目録2016
始皇帝と兵馬俑関連図書フェア
中華再造善本フェア
『東方』購読のおすすめ
東方書店公式Instagram
東方書店公式Instagram
東方書店公式Twitter
東方書店公式Twitter
神保町店舗のTwitter
神保町店舗のTwitter
神保町店舗のfacebook
神保町店舗のfacebook
Knowledge Worker
個人向け電子書籍販売
BOOK TOWN じんぼう
神保町の書店在庫を横断検索
日本ビジネス中国語学会
 WEB『東方』 東京便り | 微観中国 | 中国映画のコラム | 微信伝心 | 上海便り | 今月の『東方』  
     

催事情報 第⼀回周作人国際学術シンポジウム──基本資料の発掘と整理

■第⼀回周作人国際学術シンポジウム──基本資料の発掘と整理

開催の趣旨
周作人(1885~1967)は、中国近現代文学に大きな足跡を残した文学者である。陳独秀による文学革命の提唱に応え、文学評論「人間の文学」を発表し、人間とは本来霊肉⼀体の存在であり、本来の人間性に基づいた人道主義文学を⽬指すべきだと主張した。この理念は伝統的儒教道徳を批判する有力な根拠となり、兄魯迅の小説「狂人日記」、「阿Q正伝」とともに中国近代文学に実質的裏付けを与えるものとなった。
周作人の該博な知識は文学にとどまらず、民俗学をはじめ、性心理学、人類学、ギリシア神話、日本の落語、川柳に至るまで深く広いが、その核心にあったのは日本留学時代に出会ったハヴロック・エリスの書物から学んだ性心理学であった。エリスは性愛の視点から見た人間の実相を若き周作人に示し、衝撃を与えた。終生変わらぬ勤勉な読書を⽀えたのも、道徳的虚飾ぬきに人間の実相を解明するという情熱にほかならない。
その意味で周作人の学識の基盤は日本留学時代に形づくられた。零落した旧家に生まれ、やむをえず給費生として⼊学した江南水師学堂で英語を学んだ後、兄の後を追って来日した。日本では欧米文芸思潮だけでなく、日本の白樺派など新しい文芸思潮まで幅広く渉猟した。日本女性羽太信子を妻とすると、日本の伝統文芸にも興味を示し、特に落語や川柳を愛好した。留学後期には日本との親和性を見出したギリシアにも関心を寄せ、立教大学でギリシア語を学び、晩年は数多くの翻訳をものした。周作人は明治末期の日本での留学体験を通して、日本文化のみならず、欧米文化思潮、さらにはギリシアまで複眼的な視野を獲得していたといえる。
以上のように、周作人の文学活動は長期かつ多岐にわたり、その影響は多くの作家、作品に及んでおり、中国近現代文学を研究するうえで周作人研究は極めて重要な位置を占めており、その周作人について日本で初めて国際シンポジウムを開催することは⼗分意義深いことと考え、開催を決意した次第である。
遺憾ながら、日中戦争期、周作人は北京に残留し、中国を侵略した日本に協力し、北京大学図書館長、文学院長をつとめ、さらには汪兆銘政権下の華北政務委員会で教育督弁をつとめた。その歴史的責任は重い。だが、その責任の過半は周作人の盛名を政治利用しようとした日本が負うべきものである。
このシンポジウムは、過去の歴史への反省に立って開催するものであり、未来の日中両国の友好を理解と信頼のうえに築くことを強く呼びかけるものである。
日本では松枝茂夫先生による翻訳以来、木山英雄先生、飯倉照平先生など優れた先達の薫陶のもとに、長年にわたり周作人研究が⾏われてきた。だが、現在なお周作人が遺した作品及び翻訳の校訂整理はまだ不⼗分であり、日記及び書簡など基本年譜資料はまだ整理すべきものは数知れぬ状態にある。今回のシンポジウムでは、「基本資料の発掘と整備」を主題とし、関連する問題を集中的に討議検討するため、関係する研究者を国内外からお招きしたいと考える。関係する諸賢のご理解とご協力を心からお願いする次第である。

早稲田大学商学部 小川利康


▼日時:7月7日(土)、8日(日)
▼会場:早稲田大学三号館7階704教室(早稲田キャンパス)
    アクセス >>>  
▼会議言語:中国語(一部、日本語)
      聴講無料(会場確保の都合上、できれば事前にお申し込み下さい)
      *今後の準備過程で会場は変更される可能性があります。
▼論文発表予定者
〔国外学者〕
陳子善(華東師範大学)、Susan Daruvala(ケンブリッジ大学)、周吉宜(中国現代文学館、周作人遺族)、陳思和(復旦大学)、孫郁(人民大学)、趙京華(北京第二外語学院)、止庵(作家)、董炳月(中国社会科学院文学研究所)、潘世聖(華東師範大学)、黄開発(北京師範大学)、張業松(復旦大学)、陳言(北京市社会科学院文化研究所)、陳潔(鲁迅博物館)、李雅娟(華中科技大学)、袁⼀丹(首都師範大学)、宋声泉(北京郵電大学)
〔国内学者〕
尾崎文昭(東京大学)、顧偉良(弘前学院大学)、蔭山達弥(京都外国語大学)、伊藤徳也(東京大学)、呉紅華(九州産業大学)、中里見敬(九州大学)、秋吉収(九州大学)、鳥谷まゆみ(北九州市⽴大学)、根岸宗⼀郎(慶應義塾大学)、李瑾(中京学院大学)、王俊文(早稲田大学)、徳泉さち(早稲田大学)、小川利康(早稲田大学)
*論文発表予定者は事情により変更になる可能性があります。
▼問い合わせ:早稲田大学商学部 小川利康
 URL: http://zhouzuoren.ogawat.net/
 E-Mail:choubeizu2010@gmail.com
このシンポジウムは科研費基盤研究C(17K02651)によって運営されます。

次のエントリ: 催事情報 第20回日本台湾学会特別企画 国際公開シンポジウム「台湾における婚姻平等化への道」 ホーム 前のエントリ 催事情報 東亜同文書院生の仏領インドシナ調査旅行―日中戦争期の在留日本人との接触―

中国・本の情報館~東方書店 東方書店トップページへ
会社案内 - ご注文の方法 - ユーザ規約 - 個人情報について - 著作権について