中国・本の情報館~東方書店~
サイト内検索
カートを見る
ログイン ヘルプ お問い合わせ
トップページ 輸入書 国内書 輸入雑誌  
本を探す 検索 ≫詳細検索


過去のフェア
中国武術関連書籍フェア
春の中国語テキストフェア
仏教関係中国図書目録2016
中国書画関連書籍
始皇帝と兵馬俑関連図書フェア
中華再造善本フェア
『東方』購読のおすすめ
東方書店公式Instagram
東方書店公式Instagram
東方書店公式Twitter
東方書店公式Twitter
神保町店舗のTwitter
神保町店舗のTwitter
神保町店舗のfacebook
神保町店舗のfacebook
Knowledge Worker
個人向け電子書籍販売
BOOK TOWN じんぼう
神保町の書店在庫を横断検索
日本ビジネス中国語学会
 WEB『東方』 東京便り | 微観中国 | 中国映画のコラム | 微信伝心 | 上海便り | 今月の『東方』  
     

催事情報 公開研究会 いまなぜ上海研究か?

■神奈川大学非文字資料研究センター 2017年度第1回公開研究会
  ――いまなぜ上海研究か?


ポスター(PDF)非文字資料研究センターの租界・居留地班は、19世紀末から20世紀前半に至るまでの東アジア開港場(租界・居留地)と日本との関係について、ここ10年来、多くの研究を蓄積してきた。その中でも最も多くの研究調査と成果を出している場所、都市が上海である。
そして、最近10年代の研究動向の変化の中で、最も特筆すべきことは、中国人研究者自身による上海都市研究の活発な展開がある。その中心を担う組織が上海社会科学院歴史研究所と復旦大学・国際上海研究センターである。
今回の公開シンポジウムは、この二つの組織の上海研究の中心を担う熊教授と戴教授、そして、上海東華大学の陳祖恩教授をお招きし、「いまなぜ上海研究か?」というテーマで報告いただき、租界・居留地班の研究と「ヨーロッパの都市研究班」とも活発な意見交換を行い、本センターが推進する都市研究に関連する新たな知見を確保したい。

▼日時:5月27日(土) 15:00-17:30
▼場所:神奈川大学横浜キャンパス1号館804室
  〒221-8686 神奈川県横浜市神奈川区六角橋3-27-1
  URL:http://www.kanagawa-u.ac.jp/access/yokohama/
▼事前申し込み不要/来聴歓迎/逐次通訳有り
▼主催:『良友』画報研究会、神奈川大学非文字資料研究センター 租界・居留地班
▼問い合わせ先:神奈川大学非文字資料研究センター事務室
  TEL:045-481-5661(内線3532)/FAX:045-491-0659
  E-mail:himoji-info@kanagawa-u.ac.jp URL:http://himoji.kanagawa-u.ac.jp/
▼プログラム:
  開会挨拶  内田青蔵(非文字資料研究センター長)
  司会  孫安石(非文字資料研究センター研究員)
 【講演】
    1.「近代上海の公園と都市への展開」  熊月之(上海社会科学院、歴史研究所)
    2.「上海と港湾の研究について」  戴鞍鋼(復旦大学)
    3.「上海フランス租界の日本建築について」  陳祖恩(東華大学)
    [コメンテーター]熊谷謙介(神奈川大学)、菊池敏夫(神奈川大学)、石川照子(大妻女子大学)

  >>>  ポスターpdf_icon(PDF 7.3MB)

次のエントリ: 催事情報 展覧会 人形アニメーション作家 持永只仁 ホーム 前のエントリ 催事情報 シンポジウム 村上春樹文学における「魅惑」

中国・本の情報館~東方書店 東方書店トップページへ
会社案内 - ご注文の方法 - ユーザ規約 - 個人情報について - 著作権について