中国・本の情報館~東方書店~
サイト内検索
カートを見る
ログイン ヘルプ お問い合わせ
トップページ 輸入書 国内書 輸入雑誌  
本を探す 検索 ≫詳細検索


過去のフェア
中国武術関連書籍フェア
春の中国語テキストフェア
仏教関係中国図書目録2016
中国書画関連書籍
始皇帝と兵馬俑関連図書フェア
中華再造善本フェア
『東方』購読のおすすめ
東方書店公式Instagram
東方書店公式Instagram
東方書店公式Twitter
東方書店公式Twitter
神保町店舗のTwitter
神保町店舗のTwitter
神保町店舗のfacebook
神保町店舗のfacebook
Knowledge Worker
個人向け電子書籍販売
BOOK TOWN じんぼう
神保町の書店在庫を横断検索
日本ビジネス中国語学会
 WEB『東方』 東京便り | 微観中国 | 中国映画のコラム | 微信伝心 | 上海便り | 今月の『東方』  
     

催事情報 第12回 京都大学人文科学研究所TOKYO漢籍SEMINAR 漢籍の遙かな旅路 ─出版・流通・収蔵の諸相─

■第12回 京都大学人文科学研究所TOKYO漢籍SEMINAR 漢籍の遙かな旅路 ─出版・流通・収蔵の諸相─

●今回の概要
デジタル・デバイス、電子書籍の急速な普及により、今や世界のあらゆる書籍が居ながらにして閲覧できる時代が近づこうとしています。しかし今のところ、電子書籍を通してはさすがに紙の手触りまでは伝えることができないようです。
ほとんど劣化することなく、大量に複製することのできるデジタル書籍とはちがって、旧時代の漢籍は版ごとに異なり、刷りごとに異なって、ほとんどが「一点もの」といっても過言ではありません。さらに、流通・収蔵の過程で題記や蔵書印等の個性が加わると、「一点もの」としての性格はますます強まります。天下の孤本とされるような秘籍はもとより、各図書館に収蔵されているごくありふれた漢籍についても、一点一点にそれぞれ秘められた来歴があるのではないでしょうか?
この講演会では「モノ」としての漢籍がたどったさまざまな旅路について、三人の講師がそれぞれの切り口から分かりやすく解き明かします。

▼日時:3月18日(土)10:30~16:00
▼会場:一橋大学 一橋講堂中会議場
    東京都千代田区一ツ橋2-1-2学術総合センター内)
    アクセス >>> 

●プログラム
10:30~10:45 開会挨拶 稲葉穣(東アジア人文情報学研究センター長)
10:45~12:00 講演「モンゴル時代の書物の道」 宮紀子(人文科学研究所助教)
12:00~13:10 休憩
13:10~14:25 講演「明末の宣教師が出版した漢籍とキリシタン版」 中砂明徳(文学研究科教授)
14:25~14:40 休憩
14:40~15:55 講演「漢籍購入の旅―朝鮮後期知識人たちの中国旅行記をひもとく」 矢木毅(人文科学研究所教授)
15:55~16:00 閉会挨拶
司会:古勝 隆一(人文科学研究所准教授)
※講演時間には質疑応答時間を含みます。

●参加定員
200名(申込順)
 *定員を超えた場合はお知らせします。
●申込み/問合せ先
聴講ご希望の方は、「漢籍セミナー申込み」と明記し、氏名・所属・連絡先(住所・電話番号・E-mailアドレス)等をご記入の上、下記宛先へハガキもしくはE-mailまたはFAXでお申し込み下さい。折り返しハガキにて参加の可否についてご連絡をさしあげます。(2月下旬発送)
*参加申込書のサンプルはこちら(E-mailの場合ご記入の上、添付してお送り下さい)
京都大学人文科学研究所 附属東アジア人文情報学研究センター
〒606-8265 京都市左京区北白川東小倉町47
TEL 075-753-6997/FAX 075-753-6999
E-mail : kanseki-tokyo@zinbun.kyoto-u.ac.jp
申込期限:3月10日(金)17:00必着

URL:http://www.zinbun.kyoto-u.ac.jp/zinbun/symposium/seminar2017-kanseki-tokyo.htm

 

次のエントリ: 催事情報 関東学院大学人間共生学部開設記念シンポジウム―第一回関東学院大学人間共生部及び北京大学中文系共同シンポジウム― ホーム 前のエントリ 催事情報 研究会 映画『チョンおばさんのクニ』上映+討論

中国・本の情報館~東方書店 東方書店トップページへ
会社案内 - ご注文の方法 - ユーザ規約 - 個人情報について - 著作権について