中国・本の情報館~東方書店~
サイト内検索
カートを見る
ログイン ヘルプ お問い合わせ
トップページ 輸入書 国内書 輸入雑誌  
本を探す 検索 ≫詳細検索


過去のフェア
中国武術関連書籍フェア
春の中国語テキストフェア
仏教関係中国図書目録2016
中国書画関連書籍
始皇帝と兵馬俑関連図書フェア
中華再造善本フェア
『東方』購読のおすすめ
東方書店公式Instagram
東方書店公式Instagram
東方書店公式Twitter
東方書店公式Twitter
神保町店舗のTwitter
神保町店舗のTwitter
神保町店舗のfacebook
神保町店舗のfacebook
Knowledge Worker
個人向け電子書籍販売
BOOK TOWN じんぼう
神保町の書店在庫を横断検索
日本ビジネス中国語学会
 WEB『東方』 東京便り | 微観中国 | 中国映画のコラム | 微信伝心 | 上海便り | 今月の『東方』  
     

催事情報 漢字と秦の文字統一 ─最新の出土資料から見えてきたもの─

■漢字と秦の文字統一 ─最新の出土資料から見えてきたもの─

漢字と秦の文字統一 ─最新の出土資料から見えてきたもの─今から三千数百年前、甲骨文字として出現した漢字は、唐代に楷書として一応の完成を見ます。この間約二千年、長い漢字の歴史において、あらゆる意味において漢字の方向性を定めたのが、紀元前221年の秦の文字統一でした。
漢字の形のみならず、私たちの漢字に対する感覚や使い方、実印を押した契約書、書き取りのテストといった身近な場面にも、秦の漢字文化が息づいているのです。
文字統一を挟む戦国・秦漢時代の文字資料の出土は、近年膨大な量に上ります。本講演では、出土資料による最新の漢字研究に基づき、秦の文字統一の意味を考えたいと思います。


▼日時:3月17日(金) 19:00~20:30(18:30開場)
▼会場:日比谷図書館文化館 地下1階 日比谷コンベンションホール(大ホール)
    アクセス >>>
▼講師:大西克也(東京大学・大学院人文社会系研究科教授)
    1962年大阪市生まれ。東京大学・大学院人文科学研究科・博士課程中退。中国・北京大学、中山大学に留学。神奈川大学助教授等を経て2013年より東京大学・大学院人文社会系研究科教授。
専攻は中国語学・漢字学。春秋戦国・秦漢時代の言語や文字を、出土資料を用いて研究している。
主な著作に『アジアと漢字文化』(放送大学教育振興会、2009)、『馬王堆出土文献訳注叢書 戦国縦横家書』(東方書店、2015)。

『アジアと漢字文化』『馬王堆出土文献訳注叢書 戦国縦横家書』

▼定員・200名(事前申込順・定員に達し次第締切)
▼参加費:1,000円
▼申込方法:①お電話(03-3502-3340)、②e-mail(college@hibiyal.jp)、③ご来館(1回受付)いずれかにて、参加ご希望の講座名・お名前(よみがな)・お電話番号をお知らせ下さい。
※小学生以下のお子様が参加される場合、保護者の同伴が必要です。(同伴者の方にも参加費が必要です)
 申込期間:2017年01月17日 10:00 から2017年03月17日 19:00
▼主催:千代田区立日比谷図書館
    〒100-0012 東京都千代田区日比谷公園1-4
    URL:http://hibiyal.jp

 

次のエントリ: 催事情報 国際シンポジウム「東亜同文書院卒業生たちの軌跡を追う」 ホーム 前のエントリ 催事情報 特別展 漢字三千年 ─漢字の歴史と美─

中国・本の情報館~東方書店 東方書店トップページへ
会社案内 - ご注文の方法 - ユーザ規約 - 個人情報について - 著作権について