中国・本の情報館~東方書店~
サイト内検索
カートを見る
ログイン ヘルプ お問い合わせ
トップページ 輸入書 国内書 輸入雑誌  
本を探す 検索   ≫詳細検索
詳細情報
赤壁と碧城 唐宋の文人と道教 上製
砂山稔
出版社:汲古書院
出版年:2016年11月
コード:   516p   ISBN/ISSN 9784762965807
 
価格 14,040円
  <東京店在庫有り>
東京店に在庫がございます。少部数のものもございますので、ご来店の場合は直接お問合せください。
 
カートに入れる
唐宋の文人は道教によっていかに特徴づけられるのか?

《目次》
〔第一部 唐代の文人と道教〕
序章 道教研究の方法と課題
 序章補遺 道教の信仰・霊験と俗講・変文―遊佐昇『唐代社会と道教』の行間を読む―
第一章 桃源・白雲と重玄・本際―王維と道教―
第二章 太清・太一と桃源・王母―杜甫と道教に関する俯瞰―
第三章 九幽経小攷―初唐における代表的救済経典―
第四章 三一と守一―『太平経』を巡る太玄派・重玄派と茅山派との関わりを包摂して―
第五章 道教の色彩学―中国宗教の非言語コミュニケーション―
第六章 仙女と仙媛―沈宋の文学と道教―
第七章 李白と唐代の道教―レトロとモダンの間―
第八章 李白女性観初探―共生と相思―
第九章 柳文初探―柳宗元と道教―
第十章 韓愈の死生観と道教―老荘・金丹・神仙・女性観―
第十一章 聖女・中元と錦瑟・碧城―李商隠と茅山派道教―

〔第二部 宋代の文人と道教〕
序章 宋代道教と雲笈七籤
第一章 欧陽脩の青詞について―欧陽脩と道教思想―
第二章 曽鞏と麻姑信仰―麻姑に顔色を妬まるるに似たり―
第三章 王安石と道教―太一信仰との関わりを中心に―
第四章 蘇洵の水官詩について―蘇洵と道教―
第五章 玉皇大帝と宋代道教―蘇軾を中心として―
第六章 蘇轍と道教―「服茯苓賦」・『霊宝度人経』・「抱一」・「三清」を中心に―
第七章 斜川集を読む―蘇過と道教―
第八章 蘇符と蘇籀―道教をめぐる両蘇とその孫―

あとがき
索引(人名・書名)
中国・本の情報館~東方書店 東方書店トップページへ
会社案内 - ご注文の方法 - ユーザ規約 - 個人情報について - 著作権について