中国・本の情報館~東方書店~
サイト内検索
カートを見る
ログイン ヘルプ お問い合わせ
トップページ 輸入書 国内書 輸入雑誌  
本を探す 検索   ≫詳細検索
詳細情報
挑戦する満洲研究 ―地域・民族・時間―
加藤聖文,田畑光永,松重充浩 編
出版社:東方書店
出版年:2015年12月
コード:00807   264p   ISBN/ISSN 9784497215178
 
価格 2,592円
  <在庫有り>
小社出版物で在庫がございます。
 
カートに入れる
国際善隣協会の定例講演会において2012年から2015年にかけて行われた13人の若手研究者による満洲研究の現状報告をまとめたもの。あの戦争の時代を直接知る世代が少なくなっていくなかで、実体験のないわれわれは「満洲」にどう向き合っていくのか。新しい挑戦への足がかりとなる一冊。

■目次
まえがき(加藤聖文・田畑光永・松重充浩)

第一部 研究の視点
「世界史」から満洲史を考える─「二〇世紀満洲」の射程に関する覚書(松重充浩)
 歴史としての満洲体験─―記憶から記録へ(加藤聖文)
 満洲の歴史継承性から見た二〇世紀満洲(塚瀬進)
 満洲研究の視座─記録と記憶をめぐって─(菅野智博)

第二部 満洲国時代の検証
 満洲国の「国民」とは誰だったのか―─国籍と戸籍から考える満洲国と日本人(遠藤正敬)
 満洲電信電話株式会社とは何だったのか(白戸健一郎)
 地域から送り出された満洲移民(細谷亨)
 二〇世紀前半の満洲における水稲作試験と品種の普及について(湯川真樹江)
 新中国から祖国へ―─日本人留用者と日本人戦犯の帰還(大澤武司)
 日中関係史のなかの大連―─対立と友好のジレンマ(佐藤量)

第三部 周辺と満洲
 日本人が出会った内モンゴル(鈴木仁麗)
 外モンゴルからみた満洲(一九二〇年代)(青木雅浩)
 ロシア と満洲をつないだ中東鉄道の歴史─一八九六~一九三五年─(麻田雅文)

満洲関係略年表(一九四五年まで) 
あとがきにかえて(矢野一彌)
編者・執筆者一覧

■編著者紹介
加藤聖文(人間文化研究機構 国文学資料館准教授)
田畑光永(元神奈川大学教授)
松重充浩(日本大学文理学部史学科教授)
塚瀬 進(長野大学環境ツーリズム学部教授)
菅野智博(一橋大学大学院社会学研究科博士後期課程/日本学術振興会特別研究員DC1)
遠藤正敬(早稲田大学台湾研究所客員次席研究員)
白戸健一郎(筑波大学人文社会系助教)
細谷 亨(立命館大学経済学部准教授)
湯川真樹江(学習院大学国際研究教育機構・PD共同研究員)
大澤武司(熊本学園大学外国語学部准教授)
佐藤 量(立命館大学 立命館グローバル・イノベーション研究機構 専門研究員)
鈴木仁麗(明治大学・早稲田大学非常勤講師)
青木雅浩(早稲田大学文学学術院助教)
麻田雅文(岩手大学人文社会科学部准教授)
中国・本の情報館~東方書店 東方書店トップページへ
会社案内 - ご注文の方法 - ユーザ規約 - 個人情報について - 著作権について