中国・本の情報館~東方書店~
サイト内検索
カートを見る
ログイン ヘルプ お問い合わせ
トップページ 輸入書 国内書 輸入雑誌  
本を探す 検索   ≫詳細検索
詳細情報
中国浄土宗通史 上製
陳揚炯 著/大河内康憲 訳
出版社:東方書店
出版年:2006年09月
コード:00646   648p   ISBN/ISSN 4-497-20607-6
 
価格 19,440円
  <在庫有り>
小社出版物で在庫がございます。
 
カートに入れる
中国における浄土信仰は、隋唐期に弥陀信仰が主流となり「浄土宗」とよばれ民間に浸透し、明清期には中国民衆宗教の中核となるまでに隆盛した。本書は、各時代の浄土宗の教義内容を丁寧に解説しつつ、中国浄土宗の発展の歴史をわかりやすく論述する。

編著者のことば
著者は中国思想史の視角から浄土教義の展開を述べているのであるが、無神論を国是とする中国において、決して論争的ではなくどこか温かさが感じられる、かくのごとき浄土宗の歴史書が生れたことは、いくら時代が変化したからだとはいえ、苦難の時代にひそかに蓄積された研究成果の現れであり、中国における文化の底の深さを感ずるのである。(「訳者あとがき」より要約)

構成
前言/第一章浄土宗の淵源:本生譚と本願、多種の浄土、阿弥陀佛浄土/第二章浄土宗の揺籃期:求生西方の慧遠、浄土宗初祖曇鸞/第三章弥勒信仰の盛衰:弥勒信仰の伝播、弥勒信仰の衰退、弥勒教から白蓮教へ/第四章浄土宗の成熟:浄土信仰の諸異説、承上啓下の道綽、集大成の善導/第五章浄土三流:浄土を「宗」とよぶこととその三流、迦才の「浄土論」、懐感と飛錫、慈愍流、専修称名の少康流/第六章諸宗浄土に帰す:概説、禅浄合流、 台浄合流と賢浄合流、結社念佛の風潮、浄土宗の文献/おわりに

■編著者紹介
陳 揚炯(チン ヨウケイ):1932年生、湖南省蘭山県の人。1950年、東北師範大学卒業、1955年、北京師範大学マルクス・レーニン主義研究班修了、山西大学哲学系で教鞭。1987年、太原師範専科学校校長、1992年退職、2004年12月逝去。1960年代より中国哲学史研究に佛教史研究が不可欠であることを痛感し佛教諸経論を多く読む。
訳者略歴 大河内康憲(おおこうち やすのり):1932年、京都市生。1955年大阪外国語大学中国語学科卒業、1957年浄土宗伝宗伝戒道場成満、1958年大阪市立大学大
中国・本の情報館~東方書店 東方書店トップページへ
会社案内 - ご注文の方法 - ユーザ規約 - 個人情報について - 著作権について