中国・本の情報館~東方書店~
サイト内検索
カートを見る
ログイン ヘルプ お問い合わせ
トップページ 輸入書 国内書 輸入雑誌  
本を探す 検索   ≫詳細検索
詳細情報
戴季陶の対日観と中国革命 上製
嵯峨隆 著
出版社:東方書店
出版年:2003年07月
コード:00601   216p   ISBN/ISSN 4-497-20305-0
 
価格 2,592円
  <在庫有り>
小社出版物で在庫がございます。
 
カートに入れる
不倶戴天の仇―民国期論客の日本論!戴季陶(1891~1949)は孫文の秘書兼通訳、蔣介石政権の思想的支柱であり、青年時代に日本に留学した国民党きっての日本通としても知られている。本書は、五四時期に発表された「我が日本観」(1919)から国民革命時期に発表された『日本論』(1928)に至るまでの彼の対日観・対外観に焦点を当て、従来の研究成果を有機的に再編・総合しつつ、「戴季陶主義」という名称で知られる彼の政治思想との内的連関性、および中国革命の進行に伴う変化を検討する。なお、巻末に戴季陶の五四時期の対日観を窺う上で必須の資料である「我が日本観」全訳を付す。

編著者のことば
戴季陶の思想評価に関しても、やはりこれまで曖昧にされて来た部分がある。それは例えば孫文との思想的距離についてである。確かに、戴季陶の前半生の政治生活は孫文と共にあり、孫文から受けた影響には多大なものがあったことは言うまでもない。しかし、全ての面で彼が孫文と一体であったと見なすことはその思想的独自性を否定し、延いては孫文死後の彼を安易にオポチュニストとして捉えることになりかねない。……本書はかかる印象論的立場を排除し、孫文と一体であった部分とそうでなかった部分を確認しつつ、思想的実像としての戴季陶の対日観を導き出して行くことを目的とするものである。(序章「戴季陶と対日観をめぐって」より)

構成
序 章 戴季陶と対日観をめぐって
第1章 初期の活動と対日観
第1節 中華民国成立前後の言説/第2節 日本亡命と対日観
第2章 五四時期の思想と対日観
第1節 「社会主義者」戴季陶の登場/第2節 「我が日本観」とその周辺
第3章 第一次国共合作時期の戴季陶
第1節 第一次国共合作に至るまで/第2節 孫文「大アジア主義講演」時期の言説/第3節 「戴季陶主義」形成の中での反帝国主義
第4章 国民革命時期の対日観
第1節 『日本論』執筆の背景/第2節 「我が日本観」から『日本論』へ/第3節 『日本論』の中の中国革命論
終 章 満州事変と戴季陶
我が日本観(戴季陶)
戴季陶略年譜
主要参考文献

■編著者紹介
嵯峨 隆(さが たかし):1952年秋田県生まれ。慶應義塾大学大学院法学研究科博士課程満期退学。現在、静岡県立大学教授。法学博士。著書『近代中国アナキズムの研究』『近代中国の革命幻影』『中国黒色革命論』ほか、編訳・論著多数。
中国・本の情報館~東方書店 東方書店トップページへ
会社案内 - ご注文の方法 - ユーザ規約 - 個人情報について - 著作権について