中国・本の情報館~東方書店~
サイト内検索
カートを見る
ログイン ヘルプ お問い合わせ
トップページ 輸入書 国内書 輸入雑誌  
本を探す 検索   ≫詳細検索
詳細情報
忧伤的驯鹿国 /蜜蜂文库・文化阅读 精装
顾桃
出版社:金城出版社
出版年:2013年10月
コード:409341   294p  24cm ISBN/ISSN 9787515508085
 
価格 5,821円
  在庫僅少
小社の在庫が2,3部以下のものです。店頭在庫については別途お問合わせください。
 
カートに入れる
本書には古き民族の最後の記憶が刻まれている。
中国北方地方に暮らすエヴェンキ族を『最後の狩猟民族』と呼ぶのは適切ではない。なぜなら、彼らは10年前には既に猟銃を失っていたからだ。約200人からなるこの集落において、彼らは数百年に渡り、狩猟、トナカイの遊牧を行い,外の社会と争うことなく、自給自足の原始的な暮らしを営んできた。しかし現在は先祖代々暮らしてきた森を離れ、政府が建設した移住地で現代的な生活を送っている。

人間は生活様式が変わっても生きていけるが、トナカイは森を離れて生きることはできない。そのためトナカイと共に森に戻り、狩りを行わない『狩猟民族』として生きることを選ぶエヴェンキ族もいる。だが、森に戻った彼らを待ち受けているのは、外部の人間による森林資源の激しい収奪と密猟者が仕掛けたワナである。トナカイの頭数、質ともに低下の一途を辿る中、狩猟区域での生活を維持するのは年々難しくなっている。

彼ら自身が理解できずにいる問題は非常に多い。
例えば、何世代にも渡って大自然と調和した暮らしを続けていたにも関わらず、なぜ猟銃を取り上げられなければならなかったのか? 森林の生態環境の悪化は、一体誰の過ちによって引き起こされたのか? 密猟者の放つ銃弾から、何に以て自らとトナカイの住処を守ればよいのか?

彼らを最も苦しめているのは、古くからの伝統が現代文明の衝撃に晒され、それによって長きに渡り守り抜いてきた心の中の信仰が取り返しのつかないほどに傷つき、消滅の危機に陥っていることである。大人たちはアルコールで心の痛みを麻痺させること選び、若い世代の多くは平地でのインターネットやカラオケがある生活に慣れ切ってしまった。森に残ったエヴェンキ族は、孤独と悲しみに満ち溢れた土地で、トナカイを抱きながら震えている。
本书是一个古老民族的最后的记忆。
称他们为“最后的狩猎民族”并不贴切,因为他们早在十年前就已经失去了猎枪。两百人的使鹿鄂温克部落,几百年来,在森林饲养驯鹿,狩猎,过着与世无争、自给自足的原始生活。如今,他们牵着驯鹿离开了祖祖辈辈生活的森林,搬到了政府建好的定居点,过上了现代文明的生活。
人类的生活方式可以被改变,然而,驯鹿却不可能背弃大山。于是,又有一些人和驯鹿一起回到了熟悉的森林,过着不再狩猎的“猎民”的生活。等待他们的,是外人对森林资源的疯狂掠夺、偷猎者密布的陷阱。驯鹿的数量与质量日益下降,猎民点的生活难以为继……猎民们不能理解的事情很多:为什么他们世世代代与大自然和平相处,却失去了猎枪?森林生态环境的恶化,究竟是谁的过错?面对偷猎者呼啸的子弹,他们拿什么来保护自己和驯鹿的家园?但让猎民们最痛苦的,是古老传统与现代文明的冲突——心中坚守的信仰,已经无可挽回地走向消亡。猎民们选择用酒精麻痹心中的悲伤。他们的孩子大都完全适应了山下有网络,有KTV的生活,留下他们自己抱着驯鹿,在这个孤独而忧伤的国度里瑟瑟发抖。

目录:
敖鲁古雅生活日记
2007
2008
2009
2010
2011
使鹿人的自白
玛利亚·索:我的驯鹿,我的梦想
维加:我是森林的孩子
柳霞:雨果就是太阳
芭拉杰依:我的妈妈纽拉是鄂温克最后的萨满
王瑛:猎民点的生活
老去的猎犬
通往天国之鹿
附录
顾桃:那跟我理想的生活有关
林中的乡愁
中国・本の情報館~東方書店 東方書店トップページへ
会社案内 - ご注文の方法 - ユーザ規約 - 個人情報について - 著作権について