中国・本の情報館~東方書店~
サイト内検索
カートを見る
ログイン ヘルプ お問い合わせ
トップページ 輸入書 国内書 輸入雑誌  
本を探す 検索   ≫詳細検索
詳細情報
北京大学藏秦代简牍书迹选粹 /人民美术出土简帛书法艺术丛书
北京大学出土文献研究所 编
出版社:人民美术出版社
出版年:2014年02月
コード:386219   57p  37cm ISBN/ISSN 9787102066912
 
価格 
特価
2,903円
3,628円
  在庫無
現在、小社に在庫がございません。海外からの取り寄せとなります。
 
カートに入れる
北京大学蔵秦簡は戦国~秦漢期の同類の出土文献の内、その数量が最も多い。これまでに発見されたものと異なるのは、「算書」に田畝、賦税、粮食兌換など実務関連の計算法以外に、800余字に上る「数論」が収録されている点にある。これは中国最古の数学理論に関する論述であり、古代中国における数学思想史の研究にとって空白を埋める重要資料といえる。また、この簡牘が写本された時代はまさに漢字の発展においても重要な時期で、人々が用いる漢字が隷書体から篆書体へと移行し、成熟していった時期と重なる。その要因となったのは、秦が東方六国を征服し、晋楚等の東方文字の字形や筆法が、秦へも流入したためであり、秦統一後に行われた「書同文」政策により、その流れをより促進させたと見られる。こうした時代的特徴が北京大学蔵秦簡には如実に反映されている。

【目次】
「従政之経」(一)~(四)
「公子従軍」(一)~(三)
「泰原有死者」
「隠書」(一)~(四)
「算書」丙篇(一)~(五)
「田書」甲種(一)
「田書」乙種(一)
「算書」甲篇(一)~(七)
「道里書」(一)~(四)
「医方」(一)~(三)
「禹九策」(一)、(二)
「祓除」(一)~(五)
「日書」乙組(一)
「日書」丙組(一)、(二)
中国・本の情報館~東方書店 東方書店トップページへ
会社案内 - ご注文の方法 - ユーザ規約 - 個人情報について - 著作権について