中国・本の情報館~東方書店~
サイト内検索
カートを見る
ログイン ヘルプ お問い合わせ
トップページ 輸入書 国内書 輸入雑誌  
本を探す 検索 ≫詳細検索


過去のフェア
仏教関係中国図書目録2016
中国書画関連書籍
中国武術関連書籍フェア
春の中国語テキストフェア
始皇帝と兵馬俑関連図書フェア
中華再造善本フェア
愛如生:拇指数拠庫・新ラインアップ
『東方』購読のおすすめ
東方書店公式Instagram
東方書店公式Instagram
東方書店公式Twitter
東方書店公式Twitter
神保町店舗のTwitter
神保町店舗のTwitter
神保町店舗のfacebook
神保町店舗のfacebook
Knowledge Worker
個人向け電子書籍販売
ウェブの書斎
品切書籍を1冊から購入可
BOOK TOWN じんぼう
神保町の書店在庫を横断検索
日本ビジネス中国語学会

 東方書店の本  
 
    ジャンルで探す
 
     
 
       
 
   馬王堆出土文献訳注叢書  
         
 
 
東方書店 馬王堆出土文献訳註叢書編集委員会編 馬王堆出土文献訳註叢書 中国古代文化研究の新しい地平を切り拓く新シリーズ!  
   

 

doinzu1.gif

馬王堆出土文献訳註叢書の刊行にあたって

 

推薦者のことば

 

内容一覧


◆老子 『老子』 甲本・乙本〔第一回配本〕
池田知久(大東文化大学教授)

◆五行・九主他 『老子』甲本巻後古佚書(『五行』『九主』『明君』『徳聖』)〔第四回配本〕

斎木哲郎(鳴門教育大学教授)

◆黄帝四経 『老子』乙本巻前古佚書(『経法』『十六経』『称』『道原』)
廣瀬薫雄(日本学術振興会特別研究員)

◆周易経伝 『六十四卦』『二三子問』『繫辞』『易之義』『要』『繆和』『昭力』
近藤浩之(北海道大学大学院助教授)
李承律(東京大学大学院専任講師)

◆春秋事語 『春秋事語』〔第二回配本〕 【品切】ウェブの書斎でオンデマンド版を販売しています
野間文史(広島大学大学院教授)

◆戦国縦横家書 『戦国縦横家書』
〔第七回配本〕
大西克也(東京大学大学院教授)
大櫛敦弘(高知大学教授)

◆足臂十一脈灸経他 『足臂十一脈灸経』『脈法』『陰陽脈死候』『陰陽十一脈灸経』甲本・乙本
林克(大東文化大学教授)
浦山きか(北里研究所客員研究員)

◆五十二病方 『五十二病方』〔第三回配本〕
小曽戸洋(北里研究所教授)
長谷部英一(横浜国立大学教授)
町泉寿郎(二松學舍大学准教授)

◆却穀食気・導引図・養生方・雑療方〔第五回配本〕
白杉悦雄(東北芸術工科大学助教授)
坂内栄夫(岐阜大学教授)

◆胎産書・十問他 『胎産書』『合陰陽方』『雑禁方』『天下至道談』『十問』〔第六回配本〕
大形徹(大阪府立大学教授)

 

 

▲このページのトップへ

 

 

 

中国古代文化研究の新しい地平を切り拓く新シリーズ!
馬王堆出土文献訳注叢書

 

 

 

馬王堆出土文献訳註叢書の刊行にあたって

近年中国では続々と文献資料が発掘・公表されている。そして、それらの出土資料の嚆矢となった湖南省長沙出土の馬王堆漢墓帛書が今日改めて脚光を浴びつつある。本叢書は、馬王堆漢墓帛書より代表的なテキストを選び、その訳注を読者に提供することを目的とするものである。執筆にあたって、各担当者はこの三十年の研究から最大限の成果を反映することを心がけたつもりである。戦国後期から前漢初期にかけての中国古代文化(思想・歴史・医学・政治など)を個々に学ぼうとする読者だけではなく、その全体を体系的に検討しようとする読者にとっても有益であろう。本叢書を通じて、中国古代文化の真の姿の一端を示すことができれば幸いである。

馬王堆出土文献訳注叢書編集委員会代表 池田知久

doinzu2.gif

 
推薦者のことば
中国古代の文献研究と言うと、一昔前までは、『漢魏叢書』や『諸子集成』などが研究者必備の文献であった。言いかえれば、近年、研究にしても訳注にしても中国の資料は出つくし、もはや頭打ちの感があった。ところが、一九七三年に馬王堆で帛書が発見され、状況は一変した。『老子』のいわゆる甲本と乙本との出現は、世界中の中国学者を驚嘆させたのである。

それに続く新出資料は、各分野に大きな波紋を及ぼさずにはすまなかった。今回それらをひとまとめにしたものが、訳注もそえて、一叢書として出版される。中国学は言うまでもなく、日本や近隣諸国の古代史を研究する方にとっても、一大慶事であると言えよう。

早稲田大学名誉教授、日本中国学会顧問 福井文雅
 
内容一覧

老子 《老子》甲本・乙本 
池田知久(大東文化大学教授)
価格 6,912円 A5判 上製カバー装 ISBN978-4-497-20605-3 2006年06月刊
現在のテキスト(王弼本)の直接の原型と見なされている馬王堆出土の『老子』二種を訓読し、甲本には注釈・現代語訳を施す。「黄老の学」の淵源を探求し、中国古代哲学研究の新たな地平を拓く一冊。


五行・九主・明君・徳聖 《老子》甲本巻後古佚書
斎木哲郎(鳴門教育大学教授)
価格 4,968円 A5判 上製カバー装 ISBN978-4-497-20713-5 2007年10月刊
『五行』は『荀子』に伝えられている子思・孟子が唱えた五行説を記した書物。近年に至るまで不明だったその実体が蘇る。他三篇の古佚書も、孟子以後の儒者の活動や儒家思想の展開を知る上では欠くことができない。


黄帝四経 《老子》乙本巻前古佚書(『経法』『十六経』『称』『道原』)
廣瀬薫雄(日本学術振興会特別研究員)
『黄帝四経』とは、『老子』乙本とともに記されていた『経法』『十六経』『称』『道原』という四篇の書物の総称。いずれも戦国時代から漢代にかけて多くの統治者が実際の統治に用いた黄老思想の内容を伝える古佚書。


周易経伝 『六十四卦』『二三子問』『繫辞』『易之義』『要』『繆和』『昭力』
近藤浩之(北海道大学大学院教授)
李承律(東京大学大学院専任講師)
馬王堆帛書『周易経伝』全七篇の訳注。今本とは卦序も異なる経部分(『六十四卦』)の現代語訳は、伝部分(後の六篇)の易説および『日書』などの占術資料に基づき、前漢以前の『易』解釈の実態を明らかにする。


春秋事語 【品切】ウェブの書斎でオンデマンド版を販売しています
野間文史(広島大学大学院教授)
価格 4,104円  A5判 上製カバー装 ISBN978-4-497-20703-6 2007年02月刊
春秋時代の史実を記した全一六章の説話集。『左伝』と内容が重なる章もあるが、『左伝』などが伝えない批評者言を追記することを特徴とする。闕文は多いものの、先秦の書物の伝承の実態が窺える貴重な史料。

   

 

戦国縦横家書
大西克也(東京大学大学院教授)
大櫛敦弘(高知大学教授)
価格 4,536円 A5判 上製カバー装 ISBN978-4-497-21513-0 2015年12月刊
戦国時代の書簡や故事など、二七篇からなる。そこには『史記』や『戦国策』といった既存の史料には見られない記事も多く含まれており、従来とはまたひと味違った戦国時代の諸相が示されている。


足臂十一脈灸経他 『足臂十一脈灸経』『脈法』『陰陽脈死候』『陰陽十一脈灸経』甲本・乙本
林克(大東文化大学教授)
浦山きか(北里研究所客員研究員)
中国思想史上の中心的概念である人体の「気」は、伝統医学における最重要の概念である。「気」と「脈」の始原の姿を記す諸篇を収録した本訳注は、文字の全面的な見直しから始め、多くの箇所で新たな見解を示す。


五十二病方
小曽戸洋(北里研究所教授)
長谷部英一(横浜国立大学教授)
町泉寿郎(二松學舍大学専任講師)
価格 5,184円  A5判 上製カバー装 ISBN978-4-497-20709-8 2007年07月刊
『五十二病方』は帛書二五頁分に古隷で書かれた医方書で、現存字数は一万字弱。五二種の病気に対し二七〇余の治療法を掲載する。本訳注では、執筆者らの新知見による斬新な研究成果を示す。


却穀食気・導引図・養生方・雑療方
白杉悦雄(東北芸術工科大学教授)
坂内栄夫(岐阜大学教授)
価格 4,536円 A5判 上製カバー装 ISBN978-4-497-21008-1 2011年02月刊
体内の気を純化する神仙技法の書(『却穀食気』)、先秦時代より長生の術として伝えられる導引の図(『導引図』)、補益・強壮を始めとして多方面にわたる養生のための処方集(『養生方』『雑療方』)を収める。


胎産書・雑禁方・天下至道談・合陰陽方・十問
大形徹(大阪府立大学教授)
価格 5,400円 A5判 上製カバー装 ISBN978-4-497-21408-9 2015年03月刊
『胎産書』は胎教や胞衣の処理などに関する書。人字図・南方禹蔵図も解説。『十問』『合陰陽方』『天下至道談』は房中術の書。『十問』は理論を、後二者は具体的な技術を記す。『雑禁方』はさまざまな呪術の書。

   
 

馬王堆出土文献訳注叢書編集委員会

  池田知久(大東文化大学教授)
江村治樹(名古屋大学大学院教授)
工藤元男(早稲田大学教授)
鶴間和幸(学習院大学教授)
平勢隆郎(東京大学東洋文化研究所教授)
   
  ▲このページのトップへ
   
   
 
     
         
   
      ▲このページのトップへ  
         
         
中国・本の情報館~東方書店 東方書店トップページへ
会社案内 - ご注文の方法 - ユーザ規約 - 個人情報について - 著作権について