中国・本の情報館~東方書店~
サイト内検索
カートを見る
ログイン ヘルプ お問い合わせ
トップページ 輸入書 国内書 輸入雑誌  
本を探す 検索 ≫詳細検索


過去のフェア
春の中国語テキストフェア
仏教関係中国図書目録2016
中国書画関連書籍
始皇帝と兵馬俑関連図書フェア
中華再造善本フェア
愛如生:拇指数拠庫・新ラインアップ
『東方』購読のおすすめ
東方書店公式Instagram
東方書店公式Instagram
東方書店公式Twitter
東方書店公式Twitter
神保町店舗のTwitter
神保町店舗のTwitter
神保町店舗のfacebook
神保町店舗のfacebook
Knowledge Worker
個人向け電子書籍販売
BOOK TOWN じんぼう
神保町の書店在庫を横断検索
日本ビジネス中国語学会
 東方書店の本  
 
    音声ダウンロード 内容見本・音声サンプル ジャンルで探す
 
     
 
       
 
   「漢語与漢語教学研究」 2015年12月
         
  『漢語与漢語教学研究』(JOURNAL OF CHINESE TEACHING AND RESEARCH)は、桜美林大学孔子学院が企画・発行した一般中国語研究者向けの学術年間誌である。
本誌は匿名査読制度を導入しており、文法、音韻、文字、方言、第2言語としての中国語教育等の分野を専門とする、日本・中国・アメリカ・韓国・シンガポール5カ国の18名が顧問・査読委員を担当している。
2010年7月1日に創刊され、主として中国語、日本語、英語で執筆された中国語学、中国語教育学、日中対照言語学、中英対照言語学の研究論文を収録している。学術論文のほか、座談会および言語学者のインタビューも収録の対象となっており、本誌の一つの特徴ともなり評価されている。
  桜美林大学孔子学院  
         
 
漢語与漢語教学研究 第6号
 
カートに入れる

漢語与漢語教学研究 第6号
「漢語与漢語教学研究」編集委員会 編
2015年07月
コード:00798 120p ISBN:9784497215086
価格 1,944円
 
目次:
正误雅俗说句·式(史有为)
古代汉语中以“原因”类疑问词为标记的四种感叹句式(鹿钦佞)
“哪儿去了”的语义机制探析(雷桂林)
汉语网络语言称呼语(张颖炜)
进行中国语教学应具备的基本功(陆俭明)
汉语数量表现与限定——日本学生作文中的偏误分析(金昌吉)
中国語書面語意識及び学習状況に関する一考察――日本人学習者を例に(劉文雯)
2015“汉语与汉语教学研究”座谈会
游汝杰先生访谈录
潘文国先生访谈录
本期论文中文摘要
会议信息
稿 约
 
漢語与漢語教学研究 第5号
 
カートに入れる

漢語与漢語教学研究 第5号
「漢語与漢語教学研究」編集委員会 編
2014年07月
コード:00786 116p ISBN:9784497214164
価格 1,944円
 

目次:
对称与非对称的连动式―汉语轻动词和复合动词的构式化―(孙朝奋)
试论现代汉语动态助词“过”(王学群)
现代汉语三音节名词的词汇化 ―以 “XY的人”和 “XY人” 为例―(袁晓今)
中国語の習慣相標識に関する一考察(簡靖倫)
论“到时”的语义、地位、功能和发展历程(徐志成)
孔子学院与语言文化的国际教育―以天津外大为例―(修刚)
中文教师的文化意识及教学目标(张英)
日本本土汉语教师培养的现状、问题及对策(中田聪美、张和生)
汉语国际教育专业化学术研究机制初探(姜丽萍、李俊芬)
汉语教学的国别化 ―2014“汉语与汉语教学研究座谈会”―
精于学,治于道―北京大学陆俭明先生访谈录―
本期论文中文摘要
稿 约

 
     
         
      ▲このページのトップへ  
         
         
 
   バックナンバー  
 
         
 
漢語与漢語教学研究 第4号   漢語与漢語教学研究 第3号   漢語与漢語教学研究 第2号   漢語与漢語教学研究 創刊号    
漢語与漢語教学研究 第4号 漢語与漢語教学研究 第3号 漢語与漢語教学研究 第2号 漢語与漢語教学研究 創刊号  
座談会(補語について)、徐烈炯先生インタビュー 座談会、呂必松先生インタビュー 座談会、輿水優先生インタビュー 座談会、上海師範大学教授張斌氏インタビュー  
 
                 
 
     
      ▲このページのトップへ  
     
         
   
      ▲このページのトップへ  
         
         
中国・本の情報館~東方書店 東方書店トップページへ
会社案内 - ご注文の方法 - ユーザ規約 - 個人情報について - 著作権について