中国・本の情報館~東方書店~
サイト内検索
カートを見る
ログイン ヘルプ お問い合わせ
トップページ 輸入書 国内書 輸入雑誌  
本を探す 検索 ≫詳細検索


過去のフェア
中国武術関連書籍フェア
春の中国語テキストフェア
中国書画関連書籍
仏教関係中国図書目録2016
始皇帝と兵馬俑関連図書フェア
中華再造善本フェア
『東方』購読のおすすめ
東方書店公式Instagram
東方書店公式Instagram
東方書店公式Twitter
東方書店公式Twitter
神保町店舗のTwitter
神保町店舗のTwitter
神保町店舗のfacebook
神保町店舗のfacebook
Knowledge Worker
個人向け電子書籍販売
BOOK TOWN じんぼう
神保町の書店在庫を横断検索
日本ビジネス中国語学会
 
CNKI >>>Contents  
 
     
  「中国研究を支える学術情報データベースのあり方」研究会(東京・京都)
   
  ❖ 報告
   
  同方知網(北京)技術有限公司(CNKI)と日本国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)中国総合研究交流センター(CRCC)は1月21日に東京千代田区にある東京本部本館地下一階大会議室にて、翌22日に京都キャンパスプラザ2階第一会議室にて、「中国研究を支える学術情報データベースのあり方」をテーマに研究会を共催した。CNKI海外知識管理公司副総経理関暁嵐氏は、日本最高レベルの中国研究家6名と今回の研究会に参加し、基調講演とパネルディスカッションを通して、日本における中国研究の現状や今後発展の方向などを明らかにした。


東京会場の様子


東京会場は、1月21日午後2時にスタートし、約60名の研究者が出席され、CRCCの上席フェロー倉澤治雄氏が研究会の司会を務められた。JST特別顧問沖村憲樹氏よりの開会あいさつでは、中国研究における学術情報の重要性を指摘し、中国研究についてCNKIの貢献を認め、日本における中国研究に利便性向上を図ったと話し、今後、双方が相互理解と交流することが必要であると表明し、これはまさしく今回の研究会の意義だと強調された。続く基調講演では、毛里和子氏(早稲田大学名誉教授)が「高度・急速情報に研究は追いつけるのか」をテーマに基調講演を行なわれた。毛里氏は、講演の中で、CNKIは中国研究を深めることに良質な資源を提供したと指摘し、また、早稲田大学で利用可能なCNKIの資源類型を紹介し、研究者の視点からCNKIへの要求と期待を述べられるとともに、データベース製品の機能改善の面においても貴重な意見を発表された。


毛里 和子  早稲田大学名誉教授

次のパネルディスカッションでは、CRCCの上席フェロー倉澤治雄氏がモデレータを務められ、CNKI暁嵐氏とCRCCフェロー石川晶氏、川島真氏(東京大学大学院総合文化研究科教授)、御手洗大輔氏(早稲田大学比較法研究所研究員)はパネリストとしてディスカッションに参加、日本における中国研究を支える学術情報データベースのあり方や構築などについて、活発な意見交換が行われた。

 

 

京都会場は、1月22日午後1時半にスタートし、約30名の研究者に出席され、CNKI日本代理東方書店関西支社支社長小林晃が研究会の司会を務めた。研究会は最初に、中国駐日本大使館文化処一等書記官欧陽安氏より開会のごあいさつにおいて、日中両国の文化交流の重要性を強調された。講演では、厳善平氏(同志社大学グローバル・スタディーズ研究科教授)が情報化時代において、CNKIの大量、体系ある便利な資源がもたらす作用について触れ、また、中国研究にCNKIで文献、情報、知識を収集、利用することは重要かつ、不可欠なルートだと強調された。また、CRCCフェロー石川晶氏はJSTで間もなく公表される予定の「中国・アジア研究論文データベース」(日本語版)を紹介された。

研究会のあと、懇親会を開いた。参加者の方々は、たがいに名刺交換をし、意見交流を行われた。今後CNKIはこのようなイベント開催の機会を充実させ、皆様にもっと多くの学術交流及び情報共有のプラットフォームの提供ができるように努めたい。

 


 

CNKIは日中ビジネス交流会を主催
2016年1月21日東京

同方知網(北京)技術有限公司(CNKI)は日本代理東方書店と中国駐日本大使館文化処の後援を得て、日本国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)中国総合研究交流センター(CRCC)東京本部本館地下一階大会議室にて、1月21日午前中に日中ビジネス交流会を開催した。日本中華総商会の会員企業を含む24名の企業代表の方々が今回の会議に出席された。

会議の初めに、中国駐日本大使館文化処の一等書記官欧陽安氏より開会あいさつをいただき、中国政府を代表して日中間のビジネス交流を応援したい意を表明された。ついで、参加企業の皆様から、それぞれに会社の概要および中国ビジネスを展開される上での中国の情報に対するニーズなどご紹介いただいた。また、CNKI日本・韓国・東南アジア分公司総経理王寧は、「日系企業向け情報・サービスの提供について」をテーマに、日系企業が中国での投資を行う時、必要とされる情報サービスの詳細を紹介し、CNKI海外知識管理公司副総経理関暁嵐が参加者と質疑応答のかたちで討論と交流を図るとともに、CNKI製品の体験コーナーを設置するなど、参加企業の皆様がCNKIの製品内容を知っていただく機会を作り、CNKIと日系企業との距離を縮めたいとの目的をかなえることができたと信じている。

討論会では、参加企業の皆様は、日本で中国に関する最新情報を入手することの難しさを話され、CNKIのリソースに対して高い期待を寄せられた。会議後、参加企業の皆様は名刺交換と活発な意見交換を行なった。会場の雰囲気は、一気にリラックスし、今回の日中ビジネス交流会は円満に終えた。

   
  時下、ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
平素より国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)中国総合研究交流センター(CRCC)の事業にご理解とご協力をいただきありがとうございます。
当センターでは日本における中国研究をサポートするとともにその成果を広く活用していただくために、学会誌などを含めた中国研究の成果をデータベース化する事業に取り組んでいます。システムはすでに完成し、現在、各学会様と文献データ公開のための、手続きを開始しています。
折りしも、中国語の文献データベースであるCNKI(知網)は2016年、中国でのサービスを開始して20年、日本でのサービスを開始してから15年目を迎えることとなりました。こうしたことから当センターではCNKIと共催で、「中国研究を支える学術情報データベースのあり方」をテーマに、より使いやすいデータベースのあり方などについて、研究会を開催することに致しました。
本研究会では、中国に関する学術情報データベースの現状と今後の展開をご紹介するとともに、研究者の皆様、ユーザーの皆様から、より使いやすいデータベースとするために、ご要望をうかがう機会とさせていただければ幸いです。
本研究会を通して、さらに使いやすいデータベースを構築するためには何が必要か、専門家の皆様とユーザーの皆様にご議論いただければ幸いです。
 

テーマ:「中国研究を支える学術情報データベースのあり方」
主 催:国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)中国総合研究交流センター・
    同方知網(北京)技術有限公司
後 援:中華人民共和国駐日本国大使館文化処・株式会社東方書店
言 語:日本語・中国語逐次通訳

   
  ❖ 東京会場   ❖ 京都会場
 

日 時:2016年1月21日(木)14時~18時
会 場:国立研究開発法人科学技術振興機構 東京本部本館 B1大会議室
〒102-0076 東京都千代田区四番町5-3サイエンスプラザ
交通アクセス:http://www.jst.go.jp/koutsu_map.html
■東京メトロ有楽町線「麹町駅」(6番出口)より 徒歩5分
■JR「市ヶ谷駅」より 徒歩10分
■都営新宿線、東京メトロ南北線・有楽町線「市ヶ谷駅」(A3番出口)より 徒歩10分
■東京メトロ半蔵門線「半蔵門駅」(5番出口)より 徒歩10分

参加方法 ⇒ こちらのサイトよりお申し込みください。

プログラム      
14:00-14:10 主催者あいさつ 沖村 憲樹 科学技術振興機構特別顧問
14:10-14:30 基調講演 「高度・急速情報に研究は追いつけるのか」
毛里 和子 早稲田大学名誉教授
14:30-15:10 基調講演

「グローバルにおけるCNKI学術情報データベースの影響力と展望」
関 暁嵐  同方知網(北京)技術有限公司・海外知識服務公司 副総経理

15:10-15:20 休憩    
15:20-16:30 パネルディスカッション モデレータ  倉澤 治雄 CRCC上席フェロー
    パネリスト  川島 真  東京大学大学院総合文化研究科教授
      御手洗大輔 早稲田大学法学学術院招聘研究員
      石川 晶  CRCCフェロー
      関 暁嵐
16:30-16:55 質疑・応答    
17:00-18:00 懇親会(同会場)
 

日 時:2016年1月22日(金)13時半~16時
会 場:キャンパスプラザ京都 2階第一会議室
〒600-8216 京都市下京区西洞院通塩小路下る東塩小路町939
交通アクセス:http://www.consortium.or.jp/about-cp-kyoto/access
■京都市営地下鉄烏丸線、近鉄京都線、JR各線「京都駅」下車 徒歩5分
■お越しの際は、可能な限り「京都市バス」、「京都市営地下鉄」をご利用ください。

参加方法 ⇒ こちらのサイトよりお申し込みください。

プログラム      
13:30-13:40 開会あいさつ 欧陽 安 中華人民共和国駐日本大使館文化部一等書記官
13:40-14:20 基調講演

「グローバルにおけるCNKI学術情報データベースの影響力と展望」
関 暁嵐  同方知網(北京)技術有限公司・海外知識服務公司 副総経理

14:20-14:50 講演1 「グローバル時代における中国知網の役割とあるべき姿」
厳 善平 同志社大学グローバル・スタディーズ研究科教授
14:50-15:00 休憩    
15:00-15:30 講演2 パネリスト 

「中国・アジア研究論文データベースについて」
石川 晶 CRCCフェロー

15:30-16:00 質疑・応答    

 

   
   
  ❖ 連絡先
 

東京会場
石川晶(JST) TEL 03-5214-7556 E-mail:crcc@jst.go.jp
株式会社東方書店コンテンツ事業部(東京)  03-3937-0300 E-mail:cnki@toho-shoten.co.jp

 

京都会場
石川晶(JST) TEL 03-5214-7556 E-mail:crcc@jst.go.jp
株式会社東方書店関西支社  06-6337-4760 E-mail:kansai@toho-shoten.co.jp

   
  ❖ 関連催事
 

「日本企業は中国市場でどんな情報を獲得すべきか」
――中国ビジネスの戦略的転換をめざして――

 

インターネット社会の発展とともに、企業はこれまで以上に多くの情報に影響され、そのなか、ビッグデータという言葉も生まれました。日本経済はいま巨大中国市場に依存している要素があることは云うまでもなく、この中国市場に対して日本企業がどんなビッグデータを獲得すべき、そして獲得可能か。また、どのように競争優位の経営戦略を打ち立てれば良いのか、これらの課題に対して、中国最大の情報サービス企業CNKIが日本企業の皆様と一緒に探りたいと思います。

この度、上記趣旨に沿って日中ビジネス交流会を開催する運びとなりました。皆様にご参集賜りますようご案内申し上げます。

ご多忙中とは存じますが、万障お繰り合わせのうえ、ご出席くださいますようお願いします。

 

■交流会開催概要
テーマ:日中ビジネス交流会
日 時:1月21日(木) 10:00~12:00
会 場:国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)・中国総合研究交流センター(CRCC)
 東京本部B1大会議室
参加費:無料
内 容:
・開催概要説明
・日本企業向け情報サービス概要説明
・中国企業情報データベースのりリース(予定)
・中国情報データベースに対するニーズ相談(個別相談可)
・意見交換

・・・

 

■参加申込み
交流会に参加ご希望の方は、会社名・ご所属部署名・ご役職・ご担当者様名・ご住所・電話番号・FAX番号・メールアドレスをご記入の上、下記あてメールにてお申し込みください。

■お申し込み・お問い合わせ(日本語で結構です)
同方知網(北京)技術有限公司
担当:劉 蓉(リュウ ヨウ)
e-mail:lucy.liu@int.cnki.net
100192 北京市海淀区西小口路66号東昇科技園-北領地A2楼
TEL:+86 10 6279 4992

   
       
   
  ▲このページのトップへ
   
   
   
中国・本の情報館~東方書店 東方書店トップページへ
会社案内 - ご注文の方法 - ユーザ規約 - 個人情報について - 著作権について