中国・本の情報館~東方書店~
サイト内検索
カートを見る
ログイン ヘルプ お問い合わせ
トップページ 輸入書 国内書 輸入雑誌  
本を探す 検索 ≫詳細検索


過去のフェア
中国武術関連書籍フェア
春の中国語テキストフェア
仏教関係中国図書目録2016
中国書画関連書籍
始皇帝と兵馬俑関連図書フェア
中華再造善本フェア
『東方』購読のおすすめ
東方書店公式Instagram
東方書店公式Instagram
東方書店公式Twitter
東方書店公式Twitter
神保町店舗のTwitter
神保町店舗のTwitter
神保町店舗のfacebook
神保町店舗のfacebook
Knowledge Worker
個人向け電子書籍販売
BOOK TOWN じんぼう
神保町の書店在庫を横断検索
日本ビジネス中国語学会
 
おすすめ輸入書 >>棚紹介     
 
 
  • 棚紹介
今!注目の書籍を紹介します。
   
  ■猫、鉄道、妖怪、禅…そして漫画 中国人が見たクールジャパン 『知日』
   
 
  • 最新号
 
  知日 42 枯山水

茶乌龙 主编
中信出版社
2017年05月
〔427262〕
価格 3,628円


  枯山水是日本庭园文化中独特的存在,它是抽象的禅文化与美学的具象体现,是人们接近其文化内核的契机。
枯山水,是将自然风景以石组与砂砾进行表现的庭园形式。在枯山水庭园中没有一滴水,却能以抽象的方式表现出自然山水。枯山水历史悠久,在日本第一部的庭园著作《作庭记》中,记载了上古时期枯山水形式的作庭历史;近年来,佛教文化中的禅宗文化渐渐世俗化,逐渐成为脱离宗教色彩的一种生活方式。
浓缩了山水自然的枯山水庭园,将禅宗的美学与造园艺术融合于一个空间内,给了人们一个思考人与自然、暂时逃离尘世喧嚣的时间与空间,置身其中仿佛也是一种修行。现在,即便是普通人可以身临其境,触摸到禅宗的内核与造园之美。
随着禅文化的普及,侘寂(wabi-sabi)、非对称等禅宗里蕴含的美学观念,也渐渐被概括、提炼出来,枯山水庭园正是人们理解、接近日本禅文化的一个重要入口。
   
 

目次:
特集 枯山水

  日本庭园与枯山水的历史
(日本庭園と枯山水の歴史)

  日本枯山水9人物
(日本枯山水の9人物)

  我与枯山水的相遇
(私の枯山水との出会い)

  枯山水画廊 内藤忠行×枯山水 追随日本的禅庭:静寂而灵动,幽玄而纯粹
(枯山水ギャラリー 日本の禅庭を追う 静寂でありながらリズムを感じる 幽玄でありながら粋である)

  枯山水的基础知识
(枯山水の基礎知識)

  枯山水的法则
(枯山水の法則)

  枡野俊明:庭园是我的分身,作庭亦是修行
(枡野俊明 庭園は分身、作庭は修行)
interview 枡野俊明

  永远的现代 昭和的名匠重森三玲
(永遠のモダン 昭和の名匠重森三玲)
interview 重森千青

  枯山水画廊 横山健藏×枯山水 我想更加接近京都的本质
(枯山水ギャラリー 「京都」をより追求したい)

  京都一休寺纪行 一代狂僧最后的风流
(京都一休寺紀行 風流禅僧最後の記憶)

  松山大耕:从禅庭里遇见自己
(松山大耕 禅の庭に生きるヒントが見つかる)
interview 松山大耕

  关西刚康 走向世界的枯山水
(関西剛康 枯山水は海外へ)
interview 関西剛康

  枯山水 vs 山水画

  小野健吉老师的枯山水课堂 枯山水不仅是文化遗产,更是资源
(小野健吉先生の枯山水レッスン 枯山水文化“遺産”であるだけでなく、資源なんだ)

  足立美术馆:庭园亦是美如画
(足立美術館 庭園もまた一幅の絵画である)

  字研侘び寂び 借景 三尊石組 虎の子渡しの庭

  不一样的禅意风景 日本枯山水庭园纪行
(見たことのない禅風景 日本枯山水庭園紀行)

  再发现!阅读日本庭园之美
(再発見!日本庭園の美を読み取る)

  字研 侘び寂び/借景/三尊石組/虎の子渡しの庭

 

サンプル

 

[別冊]
日和手帖 公路之旅,激燃人生
(ロードの旅は、人生を燃える)
[别册日和手帖]

[regulars]

马越寿 玻璃花瓶
(馬越寿 ガラス花瓶)

  施小炜×施依依 东京生活记事
第七回 秩父夜祭体验记
(秩父夜祭体験記)

  吴东龙的酒店设计之旅
东京庭院旅馆 庭园内的旅馆与旅馆内的庭园
(庭のホテル 庭の中のホテルとホテルの中の庭)

  告诉我吧!日语老师
世相万千
(世相いろいろ)

   
   
  中国初となる、「日本」を専門テーマにしたムック誌。在日作家の毛丹青を主筆に迎え、編集長以下ほとんどの作り手が、現代の日本文化に関心が深い“80后”世代。“it is Japan”をキャッチコピーに掲げ、中国人の若者が、中国人の目線に立ち、中国人のために作る「日本専門誌」。

ar35 2月19日、NHK「ニュースウォッチ9」内で特集が放送されました! >>> 番組の模様はコチラ
ar35 「『知日』と私」pdf_icon(『東方』391・2013年9月号 毛丹青氏寄稿)
ar35 「中国は、今まさに『知日』の時代」(nippon.comに毛丹青氏インタビュー)
ar35 紹介チラシ・書店注文用紙pdf_icon
 

ar35 『知日』刊行一覧

   
 
知日 41 樱花入魂 知日 40 步履不停,是枝裕和 知日 39 谁是增田宗昭?只有梦想值得实现! 知日 38 日本酒之味 知日 37 实录!山口组 知日 36 脑洞 知日 35 现代霓虹艺术力 知日 34 完全笑点说明书 知日 33 牙白!富士山 知日 32 太宰治:生而为人,我很抱歉 知日 31 我们在喫茶店见吧知日 30 怪谈 知日 29 偶像 知日 28 和制汉语知日 27 萌 知日 26 机甲 知日 25 手账最高知日 24 杂货知日 22 向日本人学礼仪知日 21 武士道知日 20 燃 知日 19 料理之魂 知日 18 设计力 知日 17 了不起的推理 知日 16 写真 知日 15 太喜欢漫画了 知日 14 家宅 知日 13 暴走 知日 12 断舍离 知日 11 犬 知日 10 日本禅 知日 09 森女 知日 08 妖怪 知日 07 明治维新 知日 06 铁道特集(附别册“日本铁道风景TOP20”) 知日 05 猫(附别册藤子·F·不二雄博物馆) 知日 04 书之国 知日 03 Hi!美术馆 知日 02 制服 知日 01 奈良美智
   
   
  知日 なぜ中国人は、日本が好きなのか!知日 なぜ中国人は、日本が好きなのか!
毛丹青,蘇静,馬仕睿,原口純子
出版社:潮出版社
出版年:2015年01月
コード:150p ISBN:9784267020025
価格 1,620円
日本文化やライフスタイルを紹介する月刊誌『知日』は、2011年1月に北京で創刊され、「制服」「森ガール」「鉄道」「妖怪」など毎号テーマを絞って、日本のありのままの姿を紹介している。「猫」「漫画」をテーマにした号は10万部を突破、中国のみならず日本のメディアでもたびたび取り上げられた。本書は、2014年12月までに刊行された24号分をダイジェストで紹介するほか、編集長・蘇静インタビュー、主筆・毛丹青と内田樹による対談、莫言、蘇童ら作家の寄稿などを収録。
   
   
 
       
       
      ▲このページのトップへ
       
中国・本の情報館~東方書店 東方書店トップページへ
会社案内 - ご注文の方法 - ユーザ規約 - 個人情報について - 著作権について